【大人の日帰り温泉】栃木県新那須温泉「ホテルグリーンパール那須」女子ウケ抜群なゴージャス露天

2020年10月16日 08時44分

2017年にリニューアルした露天風呂は広々。開放感満点の空間です

 10月に入り夕方には肌寒いくらいの日もある今日このごろ。今回、温泉カメラマンの大黒敬太氏が行楽シーズン真っただ中に訪れたのは、露天で秋の気配を存分に感じられる乳白色のお湯です。

 こんにちは。観光地は徐々に人出が戻ってますが、もうお出かけしていますか? 長い梅雨が終わったと思ったと同時に猛暑となり、いつ涼しくなるのかと思っているうちに世間はすっかり秋です。今年は四季の移り変わりが早くて体調管理が大変ですね。

 今回のテーマは秋の訪れの目印、紅葉。関東周辺の標高1000メートル以上の高地ではもう色づき始めているので、一足先に秋を見つけるいで湯に出掛けてきました。

 場所は紅葉の聖地、那須高原。新那須温泉という、以前ご紹介した那須湯本温泉のちょっと下で広く分布している温泉地です。その那須湯本温泉と同じくらいの標高で森の中にたたずむのが「ホテルグリーンパール那須」。こちらのお宿は一見こぢんまりとした建物なんですが、中に入ると天井も高くて「えっ? こんなに広かったの!」とビックリ。ロビーなんかリゾートホテルで見かけるような、とても大きな暖炉がデ~ン! 控えめな外観と、クラシックホテル並みの雰囲気とのギャップもトキメキます。

 湯は男女交代制の大浴場と、写真の女のコが入っている貸し切り露天だけなんですが、この貸し切り露天も超立派! 5~6人のグループで入っても十分に楽しめる広さで、ギリシャの神殿ミニ版みたいなゴージャスな造りも、女のコには絶対ウケます。ちなみに那須湯本温泉といえば真っ白な白濁湯ですが、こちらのお湯も源泉かけ流しで白濁する温泉。すべすべツルツルになる美肌の湯ということで、やっぱりこの色はテンション上がりますよ。都心から2時間ちょっと。気楽に来られるのもオススメのポイントです。

 宿から歩いて行けるスポットとしては、「ケロヨン」の原作者としても知られる影絵作家の藤城清治美術館や、馬やロバに乗れる南ヶ丘牧場がありここでは自慢のアイスクリームやチーズも味わえます。

【新那須温泉 ホテルグリーンパール那須】
 ◆栃木県那須郡那須町大字湯本213
 ◆日帰り入浴=入浴料550円(13時30分~20時30分、露天風呂貸し切りは予約制で別料金40分1000円)
 ◆風呂=露天は貸し切り1、内湯は男1女1
 ◆泉質=酸性単純硫黄泉
 ◆宿泊=1泊2食付き9900円~
 ◆問い合わせ=℡0287・76・2523
 ◆交通=車は東北自動車道・那須ICから県道を経由して約15分、電車はJR那須塩原駅から那須湯本方面行きバスで約45分

【モデル=釘町(くぎまち)みやび】グラビアアイドル、ユーチューバーアイドル「めたもるふぉーぜ」リーダー。舞台「Peace of Clan」(16~25日)にBチームで出演。詳細はツイッターで。

 ☆おおぐろ・けいた 日本全国を読者モデルを連れて温泉行脚中。自身が手がけた、ちょっぴりエッチな温泉本は50冊あまり。ファン待望の最新刊「令和の温泉 混浴大図鑑」が発売中。ユーチューブで動画「温泉美人」も無料配信中。

関連タグ: