【大人の日帰り温泉】長野・渋温泉つるや旅館 湯加減にこだわり抜かれた源泉かけ流しの湯

2020年08月17日 11時00分

内湯に併設された半露天。肌がツルツルになる湯質で、24時間いつでもいい湯加減で入浴できます

 やっと梅雨も明け、政府主導のトラベルキャンペーンの最中でもあり、お湯に漬かって英気を養いたいもの。温泉カメラマンの大黒敬太氏が観光の拠点にもなる宿を紹介します。場所は長野県の渋(しぶ)温泉――。

 Go To トラベルキャンペーンも賛否両論ある中で始まりましたが、みなさんお出かけに…ってメッチャ出づらいですよね。私も、なんだよこれ!?って不満タラタラなんですが、まだ新聞などのマスコミが報じてないのが宿泊費の便乗値上げ。「あれ、この宿ってこんなに高かったっけ?」と、Go Toにかこつけて高い値段で夏の営業をスタートしている宿の多さにビックリです。宿を救いたい気持ちもあるけど…。そこへいくと通常のビジネスホテルの安さはたまりません。Go Toの期間中は安い宿に泊まって、温泉は日帰り入浴で!ってのがお得感あります。

 今回ご紹介するのは長野県の渋温泉。温泉街には「千と千尋の神隠し」に出てくる建物のモデルになった宿や、松代藩・真田家の本陣だった宿などがあり、昔ながらの温泉街の雰囲気を残すことで、コロナ禍前は外国人観光客でとてもにぎわっていた温泉地です。そこから少し外れた川岸近く、厳密には穂波(ほなみ)温泉という小さな温泉街があり、「つるや旅館」はそこの老舗宿になります。

 こちらのお宿は比較的安価なのに、腕に自慢の料理人による夕食が好評なんですが、一部の温泉ファンが絶賛の館内のレトロな内湯も自慢のタネ。また貸し切り風呂は離れの専用浴舎に2か所(内湯の「つるの湯」と野天の「かめの湯」)あり、さらに前述の館内の内湯も宿泊客のいない時間帯にはほぼ自由に利用できる、と湯ざんまいで過ごせる魅力もありがたいです(時間帯、利用条件などは事前に宿に確認を)。ちなみに男湯は写真でも紹介している半露天風呂を併設しているのですが、20時から翌朝6時までは女湯として使用の交代制です。

 もちろん貸し切り風呂も日帰り入浴できます。湯加減にこだわるご主人が、高温の源泉を風呂に流す湯量を調節している源泉かけ流しの湯は絶妙の温度。最初は熱めかな~と思っても、入っているうちに適温に感じられて長湯になっちゃうほどです。

 宿周辺には観光スポットもたくさんあり、散策の拠点としてもオススメです。

【渋温泉 つるや旅館】

 ◆長野県下高井郡山ノ内町大字佐野2594
 ◆風呂=貸し切り2、内湯は男1女1(時間により交代制)
 ◆日帰り入浴=800円(6~21時の30~50分、お出かけ前に要問い合わせ)
 ◆泉質=ナトリウム―塩化物泉ほか
 ◆宿泊=1泊2食付き約1万円~
 ◆問い合わせ=℡0269・33・4561
 ◆交通=車は上信越自動車道・信州中野ICから約10分。電車は長野電鉄「湯田中駅」からタクシーを利用

【モデル=来栖(くるす)うさこ】5作目のDVD「内緒だよ」(双葉社)が発売中のグラドル&ユーチューバー。ツイッターとインスタグラムは要チェック!

 おおぐろ・けいた 日本全国を読者モデルを連れて温泉行脚中。自身が手がけた、ちょっぴりエッチな温泉本は50冊あまり。ファン待望の最新刊「令和の温泉 混浴大図鑑」が発売中。ユーチューブで動画「温泉美人」も無料配信中。