【大人の日帰り温泉】山口・一の俣温泉グランドホテル 美肌効果抜群!ヌルヌル湯

2020年07月27日 11時00分

貸し切り風呂「ゆの香」は大理石造りで、体も存分に伸ばせるサイズ。のんびり入浴したい

 全国に山ほどある名湯の中から、温泉カメラマン・大黒敬太氏が今回オススメするのは泉質が特徴的な山口県の温泉。トロトロのお湯はお肌にとてもいいんだとか。


 こんにちは。今回ご紹介するのは、山口県でアルカリ度がpH10と非常に高い、ヌルヌルのお湯で有名な一の俣(いちのまた)温泉です。

 こちらの温泉は開湯が明治10年(1877年)。その後、泉源が掘り当てられた比較的新しめのもの。それから数十年たった1965年に温泉宿が続々と建ち始めてとても栄えたものの…。現在は今回取り上げるホテルの系列が3軒と、1、2軒ほどの宿があるだけの、すっかりひなびた雰囲気に変わった温泉地です。

 ですが「一の俣温泉グランドホテル」は一見すると高級ホテルで敷居が高そうな…館内もやはりかなりお値段が張りそうな雰囲気。それなのにリーズナブルな宿泊価格と、気楽に日帰り入浴もできる、地元で人気のホテルなんです。

 お風呂は男女別の大浴場にそれぞれ露天風呂が付き、寝湯専用の露天風呂もあります。ちなみにこちらの露天風呂にはテレビ番組の「ナニコレ珍百景」で取り上げられた、強烈な勢いで水が落ちてくる打たせ湯があります。

 そして写真の風呂は貸し切り風呂「ゆの香」。ふんだんに大理石を使った石風呂です。この隣にヒノキの桶風呂「ほの香」と貸し切りは2か所あります。湯はトロトロでヌルヌル感がある美肌の湯。入浴後も保湿されてプルンプルン感が持続するとてもいい湯です。

 見どころの穴場としては、宿から車でちょっと行った場所にある古墳。なんと壇ノ浦の合戦で二位の尼に抱かれて入水した安徳天皇のご遺体が埋葬されたといわれる西市(にしいち)御陵墓(参考地)というところです。しかし某テレビ番組では、元FBIの超能力検査官が透視して「卑弥呼」の墓と断言したことも。“東スポ的”には気になるスポットでは…。

 一の俣温泉は四方を山々に囲まれたのどかな温泉地。山口というと萩とか秋吉台が有名ですが、何もない山の中もいいものです。

 

【一の俣温泉 一の俣温泉グランドホテル】
 ◆山口県下関市豊田町一の俣湯の原15
 ◆日帰り入浴=大人1150円、小人600円(8~21時)。貸し切り浴場の利用は1時間2000円(要予約)
 ◆宿泊=1泊2食付き1万2000円~
 ◆風呂=露天は男1女1、内湯は貸し切り2男1女1
 ◆泉質=アルカリ性単純硫黄泉
 ◆効能=神経痛、筋肉痛、関節痛など
 ◆問い合わせ=℡083・768・0321
 ◆交通=車は中国自動車道・美祢ICから約50分。電車はJR長門湯本駅からタクシーを利用。JR小月駅から無料シャトルバスあり

 

【モデル=美東澪(みとう・みお)】身長161センチにバスト85センチのEカップとスレンダーな体が魅力。グラドル&コスプレイヤーとして活動中。ツイッター見てね!


☆おおぐろ・けいた=日本全国を読者モデルを連れて温泉行脚中。自身が手がけた、ちょっぴりエッチな温泉本は50冊あまり。ファン待望の最新刊「令和の温泉 混浴大図鑑」が発売中。ユーチューブで動画「温泉美人」も無料配信中。