上野「ガットショット」温かい雰囲気で大人気

2017年09月15日 18時29分

女性ディーラーが笑顔で出迎えてくれる

「明るく・楽しく・初心者に優しい」をコンセプトに、2015年全日本ポーカー選手権(AJPC)シニアチャンピオン・那須雅彦氏がプロデュースしたアミューズメントカジノバー「ガットショット(東京・文京区湯島)」が大人気だ。

 同店は、銀座線の上野広小路駅から徒歩1分、大江戸線の上野御徒町駅から徒歩1分、千代田線の湯島駅から徒歩3分、JR御徒町駅から徒歩3分とアクセスは超便利。

 店内はゆったりとした温かい雰囲気で、居心地がいい。3000円から遊べ、ポーカー、ブラックジャックが楽しめる。余ったチップは預けて次回引き出して遊べるシステムだ。

 ポーカー専用テーブルが3台、ブラックジャックのテーブルが1台常設されており、やはりポーカーが大人気。

 また、奥にはカウンターがあり、バーとして利用することもできる。ソフトドリンクが500円から、アルコール類は700円から、軽食も頼める。

 東スポカップの予選は、ホームページ(http://gutshot.tokyo/)を見てほしい。

【店舗】東京都文京区湯島3—39—10第2大和ビル7F TEL03・6803・0016
◆営業時間=火・水・金曜日は午後6時から午前0時まで、木曜日は午後4時から午前0時、土日祝日は、午後1時から午前0時、月曜日が定休日。