サミーが新台「ぱちんこCR真・北斗無双」発表 朝比奈彩「初めての人にも楽しめます」

2016年01月15日 12時04分

「ぱちんこCR真・北斗無双」をPRする(左から)星野研究開発本部長、青木社長COO、朝比奈、熊谷営業本部長

 サミー株式会社の新機種「ぱちんこCR真・北斗無双」のプレス発表会が14日、都内で開かれ、タレント&モデルの朝比奈彩(22)がゲストとして出演した。

 朝比奈は「9頭身なんですけど、今年は10頭身を目指します」と自称”無双ボディー“という抜群のプロポーションを披露した。スタイル維持のため「ウオーキングとキックボクシングをやっています」という。

 格闘技好きな彼女の好きなタイプの男性は「ケンシロウと言いたいところですけど、レイ。男らしくて一途でいいです。トキの人のために戦う姿もかっこいい姞」と北斗の拳のキャラになぞらえて答えた。

 その後、主催者が用意した「百裂拳ゲーム」に挑戦姞 30秒間に”秘孔ランプ“をどれだけ押せるかというルールで臨み、26回押しに成功し、副賞の浅草有名店の「すき焼き用黒毛和牛2キログラム」をゲット。「友達とかとすき焼きパーティーをしたいです」と大喜びだった。実機については「映像の迫力がすごいです。パチンコが初めての人にも楽しめます。ぜひ遊んでみてほしいですね」とPRした。

 会の冒頭、あいさつに立った青木茂同社代表取締役社長COOは「2003年より発表させていただいた『ぱちんこCR北斗の拳』シリーズは、累計約110万台を超える弊社の看板タイトル。『ぱちんこCR真・北斗無双』は、弊社の新たな看板タイトルの一つになると断言できる製品クオリティーとなっております」と力強く語った。

 続いて登場した星野歩取締役開発本部長は「『パチンコ北斗の拳』と『ぱちんこCR真・北斗無双』をそれぞれのタイトルとして両立させるために目指すべきコンセプトテーマを『脱・北斗』として開発に着手しました」とコメント。具体的には新筐体「闘神」、盤面イメージ、スペック、ゲームフロー、リーチの見せ方なども大幅に変えられた。

 最後に閉会あいさつに登場した熊谷俊己取締役営業本部長は「サミーの本気度が伝わったでしょうか? 北斗無双はホールでの長期稼働を最優先で目指した最高傑作。必ず市場を盛り上げてくれます」とキッパリ。

 同機は、3月7日から全国のホールへ導入される予定だ。

【スペック】気になるスペックは、大当たり確率約319・7分の1、確変突入率50%(電チュー入賞時は100%)ST130回転、ST「幻闘RUSH」の継続率は約80%!となるV確STマシン。そして、真・北斗無双ボーナスの出玉は約2400個。

 2012年に発売された大人気アクションゲーム「真・北斗無双」(コーエーテクモゲームス)をモチーフとした本機のキャッチコピーは「誰も見たことのない北斗を魅せてやろう」。それが体感できるのがST「幻闘RUSH」だ。自キャラは、ケンシロウ・ラオウ・トキ・ジャギの北斗4兄弟を含む【16人】。これと対戦する敵キャラは【24人】。対戦パターンは、16×24のなんと384にも上る。まさに夢の死闘が繰り広げられる。

 また、プレス発表会の同日に行われた最速ファン試打会には、抽選に当たった約150人のファンが参加姞 人気パチンコライターの説明に耳を傾けつつ、大いに盛り上がっていた。