【Mリーグで見せたプロの選択 あなたなら何を切る?】

2022年03月30日 14時00分

3月21日1回戦 南4局0本場 北家・白鳥翔の3巡目(3万2900点・1着目、ドラ=3索)
3月21日1回戦 南4局0本場 北家・白鳥翔の3巡目(3万2900点・1着目、ドラ=3索)

 写真の場面であなたならどうする? 何を切る? 下にある【答え】を読む前にまずは考えてみよう!

 熱戦が繰り広げられている麻雀「Mリーグ」で話題になるのが〝プロならではの選択〟だ。「ここでそれを切るのか!」「その牌を鳴くの⁉」とファンを驚かせ、うならせる打牌選択を当コーナーでは毎週、クイズ形式でお届けしている。さあ、じっくり考えたら、答え合わせ。プロがどんなことを考えているのか…そこにはハイレベルな〝読み〟と、素人には想像もつかない思考が隠れているはずだ。

 

 

 

 

 

【答え=6索】僅差のトップ目で迎えたオーラス。アガれば逃げ切りという局面ほど、トッププロの中で難しいものはない。幸運にも3巡目でイーシャンテンと恵まれた白鳥翔(渋)だったが、実はこの時、2900点差の2着目・二階堂亜樹(風)も逆転のツモが見えるイーシャンテンになっていた。結果、白鳥は逃げ切りトップを決めるが、これを引き寄せたのは正確な打牌選択だった。

 イーシャンテンを維持する捨て牌候補は3萬、6索、3筒の3種。まず白鳥は3萬切りを消した。「2・3・3・4萬の形はかなり手が広く1・2・4・5萬でピンフのテンパイですし、4萬のチーもできます」と、受け入れの広さと仕掛けのしやすさが明快だ。6索、3筒の2択になったが、対面の瑞原明奈(U)の河に8索が切られているのを見た。「自身でも8索を1枚使っている。6索残しから7索チーして5・8索待ちは残り6枚だが、3筒を残しておけば4筒チーの5・8筒待ちは残り7枚」と、期待枚数を瞬時に計算した。

 また3筒を残すと、4筒を引いた際に2・5・8筒待ちという絶好の三面張も期待でき、2筒を引いての1・4筒待ちも「端にかかった待ちでアガりやすい」と、メリットが多いと感じた。実際の進行は、最後に語った2筒引きのくっつきテンパイで、1筒を出アガリ。3筒ツモ切りを選択していたら、白鳥はトップから転落していたかもしれない。

【関連記事】

関連タグ: