【週刊Mリーグ】好調! 丸山奏子プロは「攻めまるこ」

2022年01月26日 14時00分

強気の追いかけを見せた丸山プロ
強気の追いかけを見せた丸山プロ

【人気モデル・岡田紗佳のもう一度見たいMリーグ】

 1月20日2回戦 東4局0本場=丸山奏子(赤)、佐々木寿人(格)、東城りお(セ)、勝又健志(風)

 KADOKAWAサクラナイツの岡田紗佳です。私と同い年の丸山選手は今シーズン、10戦目にして早くも4回目のトップを取りました。その要因となっているのが、攻撃的な姿勢です。

 東1局の親番で大きな加点に成功しトップ目に立った丸山選手は、東3局0本場で東城選手の親リーチに無スジを切って追いかけリーチするなど、手を緩めません。そして迎えた東4局、終盤に親の勝又選手からリーチが入りました。

 この後、勝又選手から形式テンパイを取れる4筒が切られましたが、それをスルーして自ら7筒を持ってきて、無スジの9索を切れば、14萬でテンパイという形になりました。

 この時点で2着目の東城選手とは1万4100点差のトップ目。自分の14萬は良さそうで赤ドラは1枚ありますが、ドラの4萬は持っていません。ツモはあと2回あり、一発、もしくはハイテイのため、ツモれば満貫からです。一方、勝又選手は親で、中張牌を多く切ってからリーチ宣言牌は安全牌の發のため、好形っぽい。判断が難しいところでしたが、丸山選手が選んだのは9索を切っての追いかけリーチでした。

 丸山選手が勝利者インタビューで言っていたのですが、普通だったら勝負する手は勝負しようと。確かにこれが東1局ならば親にブツけてもいいかなという手です。ここで自分が加点して突き放せば、楽な展開をつくれます。勝又選手とのめくり合いに勝ち、ハイテイで1萬をツモって5万点以上を持って南場に入ることに成功しました。

 南1局の自身の親番でも、寿人選手の先制リーチに無スジをバシバシと切って追いかけリーチ。アガリにこそ結びつきませんでしたが、攻めの姿勢を崩しませんでした。

 今シーズン、好調の丸山選手は攻撃的にリーチ、リーチというのが目立ちます。14萬リーチの時も、昨シーズンまでだったらすごい悩んでいたと思うのですが、この時はスッと切ってリーチと言いました。過去2シーズンは最少規定回数の10試合しか出場していませんが、今季はすでにクリアしており、さらなる出場が見込めますね。

 ☆おかだ・さやか 1994年2月19日生まれ。東京都出身。モデルやグラビア、バラエティー番組などで活躍。漫画原作も手がける。日中ハーフで、6歳のころから麻雀に親しみ、2017年4月に日本プロ麻雀連盟所属女流プロ雀士となった。「KADOKAWAサクラナイツ」から指名を受け、19シーズンからMリーグに参戦。青山学院大学出身。T170・B85・W58・H83。“役満ボディー”の異名を持つ。

【関連記事】

関連タグ: