【週刊Mリーグ】〝不死鳥〟近藤プロ 奇跡の倍満でラスから一気にトップ!

2021年03月10日 16時00分

近藤プロは一発高目ツモに裏ドラで会心の倍満!

【人気モデル・岡田紗佳のもう一度見たいMリーグ】いよいよ今週、セミファイナル進出チームが決定! 目が離せない「Mリーグ」の動向を、選手として出場中のモデル兼プロ雀士・岡田紗佳のコラムで振り返ろう。

 KADOKAWAサクラナイツの岡田紗佳です。セミファイナル進出をかけたレギュラーシーズンもいよいよ最終盤となりました。最下位でこの日を迎えたフェニックスは近藤選手が1回戦2着、2回戦も連闘してラス目でオーラスを迎えました。

 ここでラストだとチームポイントがマイナス300ほどになり、セミファイナル進出がかなり苦しくなります。少しでも着順を上げたいところ、中盤にタンヤオ・ピンフ・赤・高目一盃口47萬待ちでテンパイしました。

 3着目の前原選手とは2900点差で、ヤミテンでアガっても着順アップすることができます。それ以上を目指すとなると跳満ツモではダメで、倍満ツモでトップです。

 リーチするとアガリ率は下がってしまうため、3着浮上を目指してヤミテンという選択もあるのかもしれませんが、先に前原選手が發ポンして仕掛けたので、1000点でも打ったら2着になってしまう園田選手からは無筋の47萬が打たれることは少ないでしょう。

 一方、僅差の2着目で親の小林選手は着落ちする可能性がほとんどないので、リーチしようがしまいが攻めてきます。前原選手も近藤選手がアガれば確実に順位をかわされるので、自身がテンパイしていたら当たり牌でも切ってくれる可能性があります。

 リーチしてもヤミテンでもアガリ率はあまり変わらないのだったら、チーム状況的にも3着で良しではないですし、万が一の倍満を狙った方がいいということで、近藤選手は牌を横に曲げました。一盃口となる高目の7萬をツモれば裏裏、一発が付くと裏1でクリアです。裏裏は難しいように思われますが、2牌あるのが4種類もあるので、意外に現実的な倍満です。

 結果は一発で高目7萬をツモって裏1で倍満となりました。本当にドラマチックで、ツモった瞬間に私も叫んでしまいました。裏ドラをめくる時にこぼしてしまったのですが、それも気合入っている感じが伝わって、また良かったです。解説の土田浩翔さんが「気合でツモる牌が変わる」と言っていたのですが、本当にそうなんじゃないか!?と思わせてくれるような7萬ツモでした。

 ラス目からトップになったことで順位点プラス80ポイント、倍満1本場で16・3ポイントの合計96・3ポイント分のアガリとなりました。まさに不死鳥らしい一撃。今まで見た麻雀の中でも、一番熱くなりました。

 ☆おかだ・さやか 1994年2月19日生まれ。東京都出身。モデルやグラビア、バラエティー番組などで活躍。漫画原作も手がける。日中ハーフで、6歳のころから麻雀に親しみ、2017年4月に日本プロ麻雀連盟所属女流プロ雀士となった。「KADOKAWAサクラナイツ」から指名を受け、昨シーズンからMリーグに参戦。青山学院大学出身。T170・B85・W58・H83。“役満ボディー”の異名を持つ。

 

【関連記事】

関連タグ: