【週刊Mリーグ】遠い仕掛けにビックリ!進化する内川プロ

2021年01月13日 16時00分

【写真上】3巡目、この手牌でポン【写真下】最後はこの形。捨て牌からはタンヤオに見える(顔写真は内川プロ)

【人気モデル・岡田紗佳のもう一度見たいMリーグ】コロナ禍において貴重な存在にもなっている極上のエンタメをファンに届けるため、感染防止対策や検査を徹底して開催中の「Mリーグ」。選手として出場中のモデル兼プロ雀士・岡田紗佳が振り返る。

 KADOKAWAサクラナイツの岡田紗佳です。手順マエストロと呼ばれ、いわゆる王道の雀風の内川選手ですが、様々な選手のスタイルを吸収して取り入れています。その成果が出た一局がありました。

 2着目で迎えた南場の親番、内川選手の配牌は發、2筒、8筒、6萬がトイツで、早くも3巡目に2筒ポンから発進します。ドリブンズの園田賢選手や鈴木たろう選手がやりそうな遠い仕掛けであり、内川選手のイメージには全くありません。チームメートながらこれには驚きました。

 内川選手の立場では、ドラも赤牌もなく、スピードも遅そう。だけど2着目の親番で何とかしたい。現状では發バックの1500点の仕掛けですが、トイトイになったり、ドラの5萬、赤牌は全て使えるので高くなる可能性は十分にある手です。だから先に自分から動いたのです。相手にプレッシャーを与えながら進行していこうということですね。また發2枚が手の内にあるので、ある程度の安全性も確保できています。

 鳴いた後、内川選手はとにかく相手に自分の手が高く見えるように河を作っていきました。ターツが足りなくなってしまいますが、1萬3萬と落としていって、他家にスピードがあるんだぞ、タンヤオでドラを持っているぞと見せました。幺九牌(ヤオチュウハイ=19字牌)はツモ切りし、手の内からはタンヤオ牌を切って手が進んでいると見せつつ、将来的に發の釣り出しも狙っていました。

 さらに8筒をポンし、發をアンコにして6萬1筒のシャンポンで發トイトイをテンパイします。周りからは途中の5索手出しもあり筒子一色には見えず、タンヤオが本線に見えるので1筒は止まりにくいですね。最後は自ら6萬をツモって2600オールの大きな加点となり、トップに大きく近づきました。

 内川選手は普段、こういう鳴きはほとんどやらないのですが、いろいろな引き出しを作ろうとしています。少し前に小さくコツコツ加点していった時があったのですが、これは小林剛選手を見習ってのことのようです。この日また、新たな一面を見せてくれました。

 ☆おかだ・さやか 1994年2月19日生まれ。東京都出身。モデルやグラビア、バラエティー番組などで活躍。漫画原作も手がける。日中ハーフで、6歳のころから麻雀に親しみ、2017年4月に日本プロ麻雀連盟所属女流プロ雀士となった。「KADOKAWAサクラナイツ」から指名を受け、昨シーズンからMリーグに参戦。青山学院大学出身。T170・B85・W58・H83。“役満ボディー”の異名を持つ。

【関連記事】

関連タグ: