【週刊Mリーグ】“黒いデジタル”石橋プロ 的確過ぎるリーチ選択

2020年03月28日 12時00分

上から【7巡目】リーチせず、【8巡目】5索を切って聴牌外し、【11巡目】ここはリーチ!

【人気モデル・岡田紗佳のもう一度見たいMリーグ】KADOKAWAサクラナイツの岡田紗佳です。Mリーグもセミファイナルの真っただ中で、ファイナル出場権を目指して戦っています。今週のMMM(もう一度見たい麻雀Mリーグ)は、セミファイナル絶好調の石橋プロの的確なリーチ選択です。

 石橋プロがトップ目で迎えたオーラスの親番。2着目の和久津プロとは3300点差しかなく、一人聴牌(テンパイ)だと逆転されてしまうので、トップを取るためにはノーテン宣言して伏せられません。良い配牌をもらったので、アガリを目指して進めていきました。

 6巡目にドラの東を切った石橋プロは次巡、誰よりも早く聴牌します。2索5索のシャンポンか、カン6索待ちに取れる形で、選んだのはシャンポンです。役はなかったのですが、ヤミテンに構えました。

 まだ巡目が早い上に、シャンポンでもカンチャンでもまったく自信が持てない待ちですよね。藤崎プロは実際はチャンタ狙いだったのですが、筒子と萬子の真ん中を切り出しており、索子の一色にも見えます。場には索子が高く、アガリがあまり期待できません。4萬を持ってくると、5索を切って聴牌を外しました。さらに2筒を2枚続けて引き、2索2筒のシャンポン待ちになったところで、今度はリーチです。

 同じシャンポンですが、先ほどとはまったく状況が違います。片一方は場に高い索子の待ちを避けられた上、2と5よりも2と2の方がアガりやすい。また5索をトイツ落とししているので、愚形はケアされにくいのです。他家からすればトイツ落としが見えているにもかかわらず、シャンポン待ちか、となりますね。また石橋プロは序盤に1筒を切っており、リーチ後に5筒を持ってきたら2筒は盲点になります。出アガリがかなり期待できるようになったのです。

 結果は2筒を一発でツモって満貫のアガリとなり、トップを盤石にしました。どこでリーチするのか、それともしないのか、Mリーガーでも判断が分かれるところだと思います。今回は場の状況を読み、さらに自分の河を利用した石橋プロの“ブラックデジタル”がズバリとハマりました。

☆おかだ・さやか=1994年2月19日生まれ。東京都出身。モデルやグラビア、バラエティー番組などで活躍。漫画原作も手がける。日中ハーフで、6歳のころから麻雀に親しみ、2017年4月に日本プロ麻雀連盟所属女流プロ雀士となった。「KADOKAWAサクラナイツ」から指名を受け、今シーズンからMリーグに参戦。青山学院大学出身。T170・B85・W58・H83。“役満ボディー”の異名を持つ。