【週刊Mリーグ】必死の鳴きが次局に実る! 滝沢プロまさかのポン!ポン!ポン!

2020年02月08日 12時00分

(左上)の形から5萬をポンして3副露(右上)、1本場では(右下)から筒子を落としていった滝沢プロ(C)AbemaTV

【人気モデル・岡田紗佳のもう一度見たいMリーグ】KADOKAWAサクラナイツの岡田紗佳です。今回はいつもとは趣向を変えて、2局連続で取り上げたいと思います。

 3着目で親番を迎えた滝沢プロは萬子のホンイツを見て白、北とポン。さらに萬子5567の形から5萬もポンしました。4枚の手の内にあるのは67萬と2枚切れの1萬、そして筒子です。

 滝沢プロは普段はあまり鳴かない選手にもかかわらず1段目で3副露(フーロ)するなんて、ほとんど見たことがないですね。しかも聴牌(テンパイ)じゃないんですよ。すごい必死さを感じましたし、新しくもありました。結果的に1索が重なってホンイツにはならず、ドラ4の村上プロからリーチが来ましたが、聴牌を取り切り、親番続行となりました。

 必死の連荘でつないだ1本場、好配牌の滝沢プロは南をポンして聴牌を取れる形になりましたが、67筒を外して聴牌取らずで、前局と同じく萬子のホンイツに向かいます。その前に8筒をポンされていたことが大きいですね。赤5萬を持っていたため、満貫の一向聴(イーシャンテン)です。さらに8萬を持ってきて、69萬待ちで聴牌しました。

 萬子も字牌も余らせないまま聴牌を続行していると、今度は朝倉プロからリーチが入ります。現物には9萬がある上に、滝沢プロの捨て牌はまったく目立っていません。トップ目だった茅森プロから9萬が打ち出され、満貫ロンとなりました。このアガリにつながったのは、やはり前の局の聴牌流局が大きいですね。今までの滝沢プロが見せたことがないような鳴きがなかったら、いい手だった村上プロ、朝倉プロは真っすぐに手を進めて親番が終わっていたかもしれません。3副露したことで、周りの進行が遅れて聴牌流局となりました。

 この日の1回戦にも出場しラスで連闘となった滝沢プロはこの加点のおかげで、見事に半荘トップとなりました。ラスを引いて、チームポイントも7位で崖っ縁だったからこそ、いつも以上に絶対に勝つぞ!という思いがあったような気がします。滝沢プロが見せた必死かつ新しい姿がMMM(もう一度見たい麻雀Mリーグ)です。


☆おかだ・さやか=1994年2月19日生まれ。東京都出身。モデルやグラビア、バラエティー番組などで活躍。漫画原作も手がける。日中ハーフで、6歳のころから麻雀に親しみ、2017年4月に日本プロ麻雀連盟所属女流プロ雀士となった。「KADOKAWAサクラナイツ」から指名を受け、今シーズンからMリーグに参戦。青山学院大学出身。T170・B85・W58・H83。“役満ボディー”の異名を持つ。