【新商品お試しレビュー】家飲みを楽しむための厳選3品

2021年05月16日 10時00分

【写真上】左から、フリトレー「チートス 博多明太チーズ味」、朝日酒造「久保田 スパークリング」【写真下】ニッスイ「香ばし焼かま」

 緊急事態宣言の延長により飲食店の酒類提供や持ち込みが禁止となり、のんべえにとっては我慢の日々だ。路上飲みは論外だから、せめて家飲みで気晴らしでもしよう! というワケで、一人晩酌やリモート飲みが楽しくなりそうな話題の新商品を、ツマミ、酒、スナックの各ジャンルで厳選した。 (評価は★5つで満点)

【ニッスイ「香ばし焼かま」(194円)】
 味  ★★★★
 コスパ★★★★
 ネタ度★★★

 飲みに行くのはもってのほかだが、リモートワークで出歩くことすらほとんどしないので運動不足が心配…というオトーサンも多いのでは? そんな人に家飲みのツマミとしてイチ押しなのがコレ。酒のアテに最適で、おいしく食べて良質なタンパク質も取れると早くも評判だ。

 一口大に切れている蒸しかまぼこが4枚入っていて、パッケージを開けたらそのまま食べられるのが魅力。シコシコと弾力のある食感で、焼き目つきで香ばしい。味がしっかりしていて、魚のうまみが存分に感じられ、酒が進んで困るほど!?

 1食=4切れでスケソウダラの俊敏な動きの源となる瞬発力を発揮する“速筋”のタンパク質を4・5グラム摂取可能。卵より良質なタンパク質である“速筋タンパク”を毎日4・5グラム以上取ると、筋肉が増加した研究結果もあるそうだ。

 その他、ビールと合う「毎日食べよう速筋タンパク チーズかまぼこ」(162円)や、ごはんだけでなく酒とも相性がいい「レンジで簡単朝ごはん 白身魚しょうゆ仕立て/白身魚みそ仕立て」(各238円)など、速筋タンパクを手軽に摂取できるシリーズが登場。

 晩酌のお供にいかが?

【朝日酒造「久保田 スパークリング」(500ミリリットル=1320円)】
 味  ★★★★★
 コスパ★★★★
 ネタ度★★★★

「久保田」ブランド初のスパークリング清酒は、まず見た目がオシャレ! 細身のボトルにシャンパンゴールドのラベルが華やかで、手書き調のロゴがスタイリッシュだ。グラスにつぐときめ細かい泡が立ち上り、マスカットのようなさわやかな香りが広がる。純米酒がベースで日本酒の甘みもほのかに感じられるが、“淡麗辛口”の久保田だけにキリッとシャープな酸味がすっきりした口当たりで、暑くなるこれからの季節にもピッタリ。

 シュワッとはじける炭酸が巣ごもりで沈みがちな気分をリフレッシュし、家飲みが楽しくなりそう。アルコール分は12度で、米から生まれたスパークリングライスワインならではのやさしい甘みを堪能できる。

 同社のオンラインショップでは4月19日の初回出荷分は半日で完売の大人気で、店頭で見つけたら即買いすべし。次回は6月出荷予定だ。

【フリトレー「チートス 博多明太チーズ味」(125円、コンビニ先行発売中)】
 味  ★★★★
 コスパ★★★★★
 ネタ度★★★

 日本独自のピリ辛スナック3品のうちのひとつ。福岡産明太子とチーズを合わせたコーンスナックは、明太子の赤い粒々が色鮮やかで、ピリッとした辛さとチーズのコクが合わさって、病みつきになるおいしさだ。

 あとの2品は、日本有数の名産地である長野・安曇野産わさびを使った「ドリトス 本わさび醤油味」(125円、全国発売中)と、日本三大七味のひとつである長野の老舗七味唐辛子とコラボした「マイクポップコーン 八幡屋礒五郎七味あじ」(125円、5月17日コンビニ先行発売)。

 前者はわさび色である緑色のトルティーヤチップスで、本わさびのツンと鼻に抜ける辛さが特徴。後者は軽い食感のポップコーンで、唐辛子や山椒、生姜などの薬味が効いた刺激的な味わいだ。

 3品ともに辛さの中にうまみがある絶妙な味。子供のオヤツというよりはのんべえのツマミ!?

【関連記事】

関連タグ: