【とれピチ!グルメ速報】スシロー“三大まつり”同時開催中!

2020年06月24日 10時00分

盛りすぎセット

 年に一度の「スシロー創業祭」を開催中の回転ずしチェーン・スシローでは、いよいよフィナーレを飾る第3弾として「どでかネタ祭」「Wネタ祭」「てんこ盛り祭」の“三大まつり”を同時開催中!

“すしで、笑おう”というキーメッセージのもとで展開されている創業祭。困難な状況下だからこそ、同社のすしを食べて少しでも笑顔になってほしい、すしでおなかも心もいっぱいになってほしいという思いが込められているとか。

「どでかネタ祭」では、大人気の中とろを大切りにした「大切り中とろ」(150円)、1・5倍以上の大きさの「大切りサーモン」(100円)、ふっくらとした「大切り穴子」(150円)、店内揚げでボリューム満点な「ジャンボかにカマ天にぎり」(100円、一部店舗では取り扱いなし)の4品が登場!

「Wネタ祭」では、創業当時からのロングセラー「コーン」が倍盛りになった「倍盛りコーン」(100円)、プリプリ食感の「ダブル赤えび」(100円)、シャリが隠れるほどの「ダブルジャンボほたて貝柱」(300円)の3品が…。

「てんこ盛り祭」のイチ押しは、ローストビーフを山のように重ねて香りのいい山わさびをトッピングした「ローストビーフマウンテン」(300円)。4つのネタを爆盛りにした「海鮮爆盛りマウンテン」(300円)、軍艦からあふれそうな「てんこ盛りねぎまぐろ」(100円)と合わせて3品が勢揃い!

 店内で揚げたてを食べたい「ジャンボかにカマ天にぎり」を除く9皿・16貫をまとめて味わえる持ち帰り限定の「盛りすぎセット」(1600円)もある。

 2貫分のシャリにネタがのった「ローストビーフマウンテン」と「海鮮爆盛りマウンテン」は、山盛り過ぎて単品の持ち帰りは対象外。同セットなら容器にピタリと収まるので持ち帰りが可能で、ネタとシャリが分かれて入っていて、自分で完成させる楽しみも…。

 ※価格は税別。商品はなくなり次第終了。一部店舗では品目・価格が異なる。