【話題の現場】アゴが外れそうなほどの大パティをワイルドにガブリ!

2019年07月24日 10時00分

ブラック手袋をつけて豪快にかぶりつく
 手袋をして豪快にかぶりつくハンバーガー店がオープンしたと聞きつけ、イチ早く体験してきた。
 
 表参道ヒルズの向かいという好立地に位置する「いしがまや GOKU BURGER(ゴクバーガー)」(東京・渋谷区)がそれ。黒とレンガを基調とした店内はスタイリッシュで、ビアサーバーもズラリと並び、バーのような雰囲気だ。
 
 スタッフはマスクまで全身ブラックコーデで、オシャレな街・表参道に縁のないオジさん記者は一瞬ビビる。だが、1人でも利用しやすいカウンター席が多く、広い窓からは表参道のケヤキ並木も見下ろせ、完全アウェーながら居心地はいい。
 
 看板メニューは石窯で焼いた約180グラムのジューシーなハンバーグをぜいたくに挟んだ究極のハンバーガー「ゴクバーガー」というワケで、一番人気の「BLTチーズバーガー」(1580円)をオーダー。
 
 炎を上げて石釜で焼き上げられる様子が見えて期待が高まったところで、いよいよご対面! ド迫力のバーガーに、ポテト、ソース、黒い手袋が添えられ、トレーで運ばれてきた。
 
 かっこいいブラック手袋を装着したら、まずは何もつけず豪快にガブリとかぶりつく。ファストフード店のパティが通常40グラム程度なのに対し、その4倍以上もあるだけに、アゴが外れそうなほどのボリューム! オーストラリア産のアンガス牛(黒毛)を100%使用して、手ごねで一つひとつ丁寧に成形しているそうで、しっかりした肉の味と香りが感じられる。
 
 ハンバーグ専用の石窯を使用して高温で一気に焼き上げ、遠赤外線の効果により肉のうまみをギュッと閉じ込めているから、“外はパリッ、中はふわっ”のジューシーなパティに仕上がっている。
 
 特筆すべきはソースで、四角くて平たいバットになみなみと注がれたソースにハンバーガーをひたして食べるのだが、このワイルドさがたまらない。好みで選べる3種類のソースは肉のおいしさをより一層引き立て、手袋をつけているからソースがつくのを気にせずに、肉だけに集中できる。
 
 飲んべえにうれしいのは、オリジナルの激うまクラフトビールも揃っていること。品評会で金賞に輝いた「セッション IPA」と「スペシャリティヴァイツェン」(各680円)の2種類があり、どちらもハンバーガーと相性抜群だ。
 
 同店は、国内外で飲食事業を手掛ける㈱KICHIRIの新業態店で、ハンバーグ専門店「いしがまやハンバーグ」初のグローバル旗艦店。日本のハンバーグを海外に発信するための足掛かりとして、2年間限定営業となる。