死亡事故多発は夕暮れ時 イエローハットがヒヤリ・ハット撲滅「ライトオン!」キャンペーン

PR

提供:イエローハット

2021年09月22日 15時00分

反射するイエローリボンステッカー
反射するイエローリボンステッカー

 カー用品専門店のイエローハットは「秋の全国交通安全運動」の重点項目である「夕暮れ時と夜間の事故防止」に協力するため、ヘッドライトの早期点灯を啓発する「ヒヤリ・ハット撲滅『ライトオン!』キャンペーン」を30日まで実施している。

 日没が早まる秋口は例年、夕暮れ時や夜間に交通事故が多発する。特に死亡事故の発生は日没後1時間が最も多いといわれている。そこで、ドライバーにヘッドライトの点灯を促す時刻として日没30分前を〝ライトオンタイム〟に設定。公式ツイッター(@yellowhat_ltd)でキャンペーン期間中、毎日午後4時に〝ライトオンタイム〟をお知らせするほか、ジャパンエフエムネットワーク各局でもオリジナル啓発CMを放送し、ヘッドライトのつけ忘れやつけ遅れによる交通事故の撲滅を目指す。

 また、イエローハット公式ツイッターとジーンズセレクトショップ「ライトオン」社の公式ツイッターのコラボキャンペーンを開催。両アカウントをフォローしてリツイートすると、ライトオン社デザインの光を反射するオリジナル・ロングTシャツが抽選で100人に当たる。

 さらに、イエローハット店頭では、交通安全期間中にライトの無料点検を実施。ヘッドライト、スモールランプ、ブレーキランプ、ウインカーの無料点検をした人に先着で「反射するイエローリボンステッカー」(写真)をプレゼントする。

【関連記事】

ピックアップ