【仏GⅡフォワ賞】ディープボンド逃げ切りV 大久保調教師「今日の馬場はベストコンディション」

2021年09月13日 00時21分

ディープボンド(東スポWeb)

 12日、フランスのパリロンシャン競馬場で行われたGⅡフォワ賞(2400メートル)は、日本から参戦したディープボンド(牡4・大久保)が逃げ切って勝利。前哨戦を最高の形で制し、本番の凱旋門賞に最高の形で向かうことになった。2着は今年のサンクルー大賞を勝っているブルーム。

 好スタートを切ったディープボンドを無理に抑えず、ハナへと誘導したC・デムーロの手腕も素晴らしかっただろうし、追い込むことが難しいスローペースになった展開が向いたことも確か。だが、初のフランス遠征をあっさりと克服し、エルコンドルパサー(1999年)、オルフェーヴル(2012、13年)が制しているフォワ賞を勝った意味合いは大きい。両馬ともに凱旋門賞は2着。フロックでは勝てないレースなのだ。

「日本でも重い馬場で走ってきた馬。今日の馬場はベストコンディションでしたね。日本では繊細な面を見せる馬ですが、フランスに来て落ち着いたように思う。合っていますね。来週はケアにあて、残りの2週で仕上げていきます」と大久保調教師。全くのノーマークだったディープボンドだが、今回の勝利で評価も上昇。主役とまではいかないものの、勝っても驚けないポジションにまで位置を上げている。父は2013年のニエユ賞を勝ち、本番の凱旋門賞でも4着に好走したキズナ。祖父ディープインパクトだけでなく、父のリベンジに期待がかかる3週間後の1戦が本当に楽しみになってきた。

関連タグ: