【香港・クイーンエリザベスⅡ世C】1番人気デアリングタクトは力負け? 松山「いつも通りいい走りをしてくれたと思いますが…」

2021年04月25日 19時42分

3着に敗れたデアリングタクト㊧(©Hong Kong Jockey Club)

 25日、香港チャンピオンズデーのGⅠクイーンエリザベスⅡ世カップ(3歳以上=シャティン競馬場、芝2000メートル)は3番人気のラヴズオンリーユー(牝5・矢作厩舎)が海外GⅠ初勝利を決めた。2着に2番人気グローリーヴェイズ。
 
 1番人気で3着に敗れたデアリングクタクトの鞍上・松山騎手は「いつも通りいい走りをしてくれたと思いますが、1人気に支持していただいたのに結果として負けてしまい、申し訳なかったです。敗因はちょっと分からないですが、勝った馬が強かったです」とコメント。

 杉山晴紀調教師も「初めての(海外)輸送もこなしてくれました。道中も内ラチに沿って不利なく走ってくれましたし、今日に関しては勝った馬を褒めるべきだと思います」とラヴズオンリーユーの強さを素直に認めた。

関連タグ: