【米GI・BCスプリント】ジャスパープリンスがキーンランド競馬場に到着「馬は元気いっぱい」

2020年10月27日 16時27分

 米GI・BCスプリント(11月7日=キーンランド競馬場、ダート1200メートル)に出走予定のジャスパープリンス(牡5・森)および同日の米GI・BCダートマイル出走を視野に入れるピンシャン(牡3・森)が日本時間26日20時15分に、キーンランド競馬場に到着した。

 高野正貴調教助手は「ジャスパープリンスは競馬終了後、東京競馬場から、ピンシャンは栗東からそれぞれ輸出検疫のため美浦に入厩。初めての場所ということで最初は少しカイバ食いも落ちていましたが、調教を進めるうちに状態は改善し、2頭ともいい状態で出国することができました。飛行機の中でもカイバや水をしっかり摂取していましたし、シカゴ到着後も体温や馬体など馬の状態に異状は見られず、輸送をうまくこなしてくれたと思います。検疫を終えた後、シカゴからキーンランド競馬場までは馬運車となりました。競馬場到着後に軽い引き運動を行いましたが、馬は元気いっぱいです。今後は週末に追い切りを予定していますが、それに向けて馬体はキープできるように調整していければと思います」と語った。