凱旋門賞Vソットサスが種牡馬入り 

2020年10月07日 15時48分

 4日に行われた仏GⅠ「凱旋門賞」を制した仏のソットサス(牡4・JCルジェ)が現役を引退し、愛国のクールモアスタッドで種牡馬入りすることが決まった。

 同馬は父シユーニ、母スターレッツシスター(父ガリレオ)の血統。通算成績は12戦6勝で、昨年の仏ダービー、今年のガネー賞に続き、先の凱旋門賞でGⅠ・3勝目を挙げたばかりだった。