【モハメドユスフナギモーターズC】ディアドラ2着 橋田調教師「ここで負けるとは思わなかった」

2020年03月01日 12時35分

左から1着ポートライオンズ、2着ディアドラ、3着フォアザトップ

 2月29日のサウジカップ・デー1Rで行われた「モハメドユスフナギモーターズカップ」(サウジアラビア・アブドゥルアジーズ競馬場=芝2100メートル)で、日本から出走したディアドラ(牝6・橋田)は2着。勝ったのはバーレーンの伏兵ポートライオンズだった。勝ち時計は2分11秒42。

「勝ち馬の後ろでいいコース取りはできた。2着だったけど悪い結果ではないし、次は勝てるだろう。芝は素晴らしい馬場で、よく整備されている」とマーフィー。この日のために新設された芝コースで最初のレースだった。

 橋田調教師は「ここで負けるとは思わなかった。最後は詰めているが、少し足りなかったですね。次走は流動的。リズムを崩したくないので、いったんニューマーケットに帰ります」。昨年の英GIナッソーSに続く海外2勝目はならなかった。