サウジで世界最高賞金レース開催

2019年08月09日 11時00分

 総賞金2000万ドル(約21億円)――。


 世界最高賞金レースが来年2月29日にサウジアラビアの首都リヤドにあるキング・アブドゥルアズィズ競馬場で行われることが明らかになった。


 7日にジョッキークラブオブサウジアラビアのチェアマンが米国で発表したもの。サウジカップと銘打たれたこのレースは、ダートの1800メートル戦(北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上)でフルゲートは14頭。1着賞金は1000万ドル(約10・5億円)で、2着賞金が350万ドル、3着賞金が200万ドルで、10着でも20万ドルの賞金が用意されている(登録料は無料)。なお、現時点での世界最高賞金レースは、UAE・ドバイのGIドバイワールドカップ(総賞金1200万ドル)だ。