【英プリンスオブウェールズS】武豊騎乗ディアドラは8頭立ての6着 優勝はクリスタルオーシャン

2019年06月20日 00時07分

優勝したクリスタルオーシャン(ロイター)

 JRAが馬券発売をした英GI「第126回プリンスオブウェールズS」が、英王室が主催するロイヤルアスコット開催の2日目となる19日(日本時間同日午後11時40分発走)、アスコット競馬場(芝1990メートル)で行われ、日本から参戦した武豊騎乗のディアドラは8頭立ての6着に終わった。

 土砂降りの雨の中、今回のロイヤルアスコット開催のアンバサダーを務める武豊を背に、ディアドラは3番ゲートから好スタート。最終コーナーまで4、5番手につけていたが、直線で伸び切れず6着だった。

 1着はクリスタルオーシャン(英国)、2着はマジカル(アイルランド)、3着はヴァルトガイスト(フランス)だった。

 このレースへの日本馬の参戦は2015年スピルバーグ、16年エイシンヒカリに続き、ディアドラが3頭目。前2頭はともに6着だった。