【米GIベルモントダービー招待】マスターフェンサーが参戦

2019年06月14日 12時00分

 米3冠最終戦のベルモントSで5着に敗れたマスターフェンサー(牡3・角田)が米国滞在を延期し、7月6日の芝GIベルモントダービー招待(ベルモントパーク競馬場=芝2000メートル)に参戦することになった。角田調教師は「このまま現地に残って状態を確認し、大丈夫そうならレースに使う方向です」と説明。同馬は昨年9月の新馬戦を芝で2着していて適性は十分にあるとの判断で、芝GI挑戦を決断した模様。

 また、同日に行われるGIベルモントオークス(芝2000メートル)にはジョディー(牝3・戸田)も参戦予定で、日本馬2頭の走りが注目される。