【ベルモントS】マスターフェンサー 追い込み届かず5着

2019年06月09日 13時29分

5着に終わったマスターフェンサー(左奥)。右は優勝したサーウィンストン(AP)

 アメリカ競馬の3冠レース最終戦「第151回ベルモントステークス」(GI・ダート2400メートル)が8日(日本時間9日)、ニューヨーク州のベルモントパーク競馬場で行われ、日本から参戦したマスターフェンサー(牡3=角田)は5着に敗れた。

 勝ったのはサーウィンストン(牡3=M・キャシー)。勝ち時計は2分28秒30(良)。2着にタシトゥス(牡3=W・モット)、3着にジョービア(牡3=G・サッコ)が入った。

 日本調教馬としては2016年のラニ以来2頭目、日本生産馬としては初挑戦となったマスターフェンサー。道中は最後方を追走し4コーナーで外を回り、直線では大外を追い込んだが届かず5着に終わり、快挙達成とはならなかった。