【ケンタッキーダービー】1位入線馬が17着降着の大波乱 マスターフェンサーは日本馬史上最高の6着

2019年05月06日 12時00分

繰り上がりで優勝したカントリーハウス(ロイター)

 4日(日本時間5日)、米ケンタッキー州ルイビルのチャーチルダウンズ競馬場で行われた米国3冠の初戦・第145回ケンタッキーダービー(ダート2000メートル)は、レース史上に残る大波乱の結果に終わった。

 1位入線したのはスタートから先手を取って逃げた1番人気マキシマムセキュリティ。しかし、同馬は4コーナーで他馬の進路を妨害したとして17着に降着。2位入線のカントリーハウスが繰り上がり優勝となり、3位入線したコートオブオナーが2着、4位入線のタシトゥスが3着となった。カントリーハウス、コートオブオナーがともに人気薄だったため、JRAで発売された3連単の配当は1629万8210円の超大型配当となっている。

 なお、日本から参戦したマスターフェンサー(牡・角田)は4コーナー最後方から直線は内に進路を取って追い込み、6着に好走した。日本調教馬としては1995年スキーキャプテン(14着)、16年ラニ(9着)を上回る最高着順。順調なら3冠最終戦のベルモントステークス(6月8日=ベルモントダート2400メートル)に向かう予定となっている。