【香港GIチャンピオンズマイル】安田記念参戦予定ビューティージェネレーションの勝ちっぷりは見逃せない

2019年04月25日 21時30分

【TPC秋山響の海外競馬】1日で3つのGIをまとめて行う香港シャティン競馬場の「チャンピオンズデー」が28日に迫ってきた。

 このうち、日本馬が参戦するGIクイーンエリザベスII世C(芝2000メートル)と、GIチェアマンズスプリントプライズ(芝1200メートル)は日本でも馬券が発売されるだけに、もちろん要注目ではあるが、今年はもう一つのGIチャンピオンズマイル(芝1600メートル)も絶対に見逃せないレースになる。

 というのも、このレースには、あの33連勝の名牝ウィンクスやGIペガサスワールドC招待Sを快勝したシティオブライトと並んでワールドサラブレッドランキングで首位に立つ香港のビューティージェネレーション(セン6・父ロードトゥロック、J・ムーア厩舎)が出走を予定。さらに、このレースの結果次第で日本のGI安田記念への参戦を表明しているからだ。

 ビューティージェネレーションの圧倒的な強さは、ヴィブロス(2着)、ペルシアンナイト(5着)、モズアスコット(7着)という日本のGI馬3頭を寄せ付けなかった昨年暮れのGI香港マイル(芝1600メートル)で日本のファンも目の当たりにしたはず。その後も危なげなく連勝を伸ばしており、現在は昨年のGIチャンピオンズマイルから前走4月7日のGIIチェアマンズトロフィー(芝1600メートル)まで8連勝中だ。

 今回も、まともならまず負けるとは思えないメンバー構成(7頭立ての予定ですべて香港調教馬)で、注目すべきはどれだけ余力を残して勝てるかという点。そこがシーズン9戦目(香港のシーズンは9月に開幕して翌年7月に閉幕)で迎えることになるGI安田記念に向けての大きなポイントになる。