マテラスカイ 19年前と同じ…森調教師&武豊コンビでBCスプリントへ

2019年04月04日 21時30分

海外競馬のパイオニア森秀行調教師(右)と武豊コンビ

【TPC秋山響の海外競馬解析】さすがの強さだ。

 3月30日にドバイのメイダン競馬場で行われたGIドバイターフ(芝1800メートル)はアーモンドアイが快勝。海外で迎えた今季初戦を勝利してGI・5連勝とした。

 今回は初めての海外遠征、ナイター競馬、600メートルの距離短縮など懸念材料もいくつかあったが、結果的には全くの杞憂。直線でハンドライドのまま先頭に立った姿にはゾクゾクするほどの迫力があった。まさしく超一流馬の勝ち方だ。

 今後の進路がどのようなものになるのかは分からないが、凱旋門賞連覇のエネイブル、愛オークス馬で昨年の凱旋門賞ではエネイブルを短首差まで追い詰めた同じ4歳牝馬シーオブクラスとの対決が実現するようなら、今年最高のビッグマッチになることは間違いない。絶対に見逃せないレースになる。

 もう一頭、日本馬で印象に残ったのはGIドバイゴールデンシャヒーン(ダート1200メートル)で武豊騎手を背に2着に入ったマテラスカイだ。

 勝った米国のエックスワイジェット(過去2回2着)を自ら負かしに行く競馬を見せ、その上で最後は米国のダート6ハロンGIで2勝を挙げるインペリアルヒントの追撃を振り切ったのだから素晴らしい。そのスピードは紛れもなく一級品。ダート短距離最強の米国馬相手でも十分に通用するところを見せた。

 レース後にERA(UAEの競馬統括団体)から、運動誘発性肺出血を確認したという発表があったことは気になるが(今回の走りにもマイナスの影響があったかもしれない)、陣営がレース直後に示唆したダート短距離の最高峰である米GI・BCスプリント(ダート6ハロン=今年はカリフォルニア州のサンタアニタパーク競馬場で11月2日に開催)参戦は、ぜひともかなえてほしいプランだ。

 思えば、2000年に日本馬として初めてBCスプリントに挑んだアグネスワールド(8着)を管理していたのはマテラスカイの森秀行調教師で、その鞍上にいたのもまた武豊騎手。海外遠征のパイオニアであるこの2人の19年ぶりの再挑戦に注目したい。