【ドバイターフ】アーモンドアイ「JC(472キロ)と同じくらいの体で出られるのでは」

2019年03月27日 16時32分

【ドバイターフ(芝1800メートル=日本時間30日深夜24時20分発走)日本馬26日の表情:メイダン競馬場】アーモンドアイは担当する根岸助手を背に芝コースをキャンターでゆったりと1周。ルメール騎乗で予定する翌日(27日)の追い切りに向けて準備は万端だ。

 国枝調教師「口向きやハミの取り方を微調整するため、こちらではシャドーロールを外し、クロス鼻革を装着して調整している。検疫ではピリピリしていたが、ドバイ到着後は、ずいぶんとリラックスしてカイバ食いもいい。JC(472キロ)と同じくらいの体で出られるのでは」

 多数の海外メディアからも取材攻勢を受ける中で「芝丈は長いけど路盤が硬いのか、いい音がするし、日本の馬場に似ているかな」と早くもイメージを膨らませた。