【ドバイシーマC】ルメールがレイデオロ絶賛「心身ともに充実」

2019年03月26日 21時33分

レイデオロと主戦ルメール

 30日にアラブ首長国連邦(UAE)でドバイ国際諸競走(ドバイワールドカップデー)が開催される。

 エース格のアーモンドアイと並んで必勝態勢でドバイの地に立つのが、昨年(4着)に続いてドバイシーマクラシック(芝2410メートル)に挑むレイデオロ(牡5・藤沢和)だ。リベンジへ大きな武器となるのはグンとたくましさを増した精神面。折り合いを欠いて敗れた当時と違って、国内最終追い切りに騎乗した主戦ルメールは次の言葉で期待度を伝える。

「(追い切りで)すごくいい反応を見せてくれたけど、何よりも今年は馬がすごくリラックスしている。心身ともに充実して大人になりました」

 もちろん2年連続でJRA賞に輝いた日本の牡馬の代表でもあり「昨年の経験があるから、今年は馬もやるべきことを分かっている。そこは強みと思うし、リラックスして自信を持って走ってくれるはず」と同騎手は手応え十分に挑む。