凱旋門賞挑戦のクリンチャー 帰厩後初時計

2018年08月01日 11時30分

 10月7日の凱旋門賞(ロンシャン競馬場・芝2400メートル)を目指すクリンチャー(牡4・宮本)が1日、栗東坂路で帰厩後初時計をマークした。

 馬なり単走で4ハロン59・8―13・9秒。担当の長谷川助手は「今朝は馬の気持ちに合わせてやりました。いい感じでしたね。天皇賞(3着)後も順調にきているし、本番まで2か月あるので、しっかり調整していきます」。23日に出国して、9月16日の現地GIIフォワ賞(芝2400メートル)を叩いて本番に向かう。