【佐賀記念】ルールソヴァールが重賞初勝利! 幸「相手がさらに上がっても頑張れる」

2018年02月06日 17時46分

佐賀記念で重賞初制覇のルールソヴァール

 6日、佐賀競馬場で行われた交流GIII「佐賀記念」(ダート2000メートル)は、1番人気のJRAルールソヴァール(セン6・高木)が4角先頭から押し切りV。2度目の重賞挑戦で初タイトルを手に入れた。2、3着もJRA勢で、粘るマイネルバサラ(牡5・松山)をゴール前でトップディーヴォ(牡6・昆)がかわして、2着に浮上した。勝ち時計は2分07秒8(稍重)。

 3走前に初重賞挑戦のGIII「みやこS」を2着し、前走のオープン特別を快勝。その2戦で手綱を取った幸は、地力を強化した相棒に自信を持って騎乗した。

「最内枠だったので、どこかで外に持ち出そうと思っていました。手応え良く、しっかり伸びてくれましたね。馬がどんどん良くなっているし、相手がさらに上がっても頑張れると思います」と鹿児島出身の九州男児は凱旋勝利に笑顔を見せた。