【南部杯】コパノリッキーが連覇 ホッコータルマエに並ぶGI最多タイの10勝目

2017年10月09日 18時25分

連覇でGI・10勝目を飾ったコパノリッキー

 9日、岩手県の盛岡競馬場で行われた交流GIマイルチャンピオンシップ南部杯(ダート1600メートル)は、直線抜け出した昨年の覇者JRAコパノリッキー(牡7・村山)が1番人気に応えて圧勝。ホッコータルマエに並ぶGI(交流GI)最多勝記録10勝の偉業を成し遂げた。勝ち時計は1分34秒9(稍重)。

 約5か月ぶりにもかかわらず、後続に4馬身差をつける横綱相撲のVに田辺は「自分の欲しいポジションで折り合いがついたし、からんでくる馬もいなかった。絶好の展開。記録が頭にあったのでホッとしました」と安堵の表情を浮かべた。

 交流GI・JBCクラシック(11月3日=大井2000メートル)は回避する意向で、次走はGIチャンピオンズC(12月3日=中京、ダート1800メートル)へ向かう。

 

★2着ノボバカラ(JRA)=吉原寛騎手「スタートが心配だったが、うまく立ってくれた。理想的な展開」

★3着キングズガード(JRA)=中野省騎手「ハミを取り過ぎるぐらいの手応え。マイルもこなせるが、もう少し短いほうがいいかもしれない」

★4着カフジテイク(JRA)=福永騎手「3、4角で手応えが悪くなり、置かれてしまった」

★5着ゴールドドリーム(JRA)=川田騎手「ゲートがどうにもならなかった」

★6着ベストウォーリア(JRA)=戸崎圭騎手「いい形で運べたが、4角でぶつけられて手応えがなくなった」