【マイルCS】ミッキーアイル浜中 競馬界の女神の直撃に「先手を取って、自分のペースで行く」

2016年11月18日 20時02分

稲富(右)お手製の「マイルCS」クジで見事Vを引き当てた浜中

【マイルチャンピオンシップ(日曜=20日、京都芝外1600メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。いきなりですけど、土曜は東スポ杯2歳Sですね! うれしいことに当日の東京競馬場で予想検討会のイベント出演が決定しました(大きな拍手)。~稲富、東スポイベント初体験の巻~なんで、とても楽しみです!

 

 もちろん、浮かれているだけでなく、きちんと関西馬の取材もしてきやしたよ。めっちゃ感触が良かったのはムーヴザワールドの石坂調教師。

 

「追い切りの反応もすごく良かったよ。お姉さんのタッチングスピーチと似たような感じやと思っていたけど、あの馬よりも大人になるのが早いね。いい競馬ができると思う」

 

 そのコメントに、あふれ出す大物感…その他の取材話は土曜のお昼11時30分に。ゴール前特設ステージで待ってま~す♪

 

 そしてもちろん忘れてませんよぅ。今週のGIはマイルチャンピオンシップですよね。ものすご~い人数に囲まれていたのはイスラボニータのルメール騎手。稲富も小耳をそばだてて聞いちゃいました。

 

「前走(富士S=2着)後の状態は聞いてないけど、写真は見たよ。体がすごくきれいになった。今年はモーリスがいないし、みんなにチャンスがあります。レベルが同じぐらいなので、枠番やペースにもよります。でも、この馬は乗りやすい。どこでもポジション取れますよ」

 

 ほほう! 今回はいつも以上に条件が大事なんですね。ならば、有力馬の走れる条件を聞いていかなければ!

 

 サトノアラジンの川田騎手は「自分のペースを大事にしながら運んだ前走(スワンS=1着)はいい脚を使ってくれたなと思います。距離が延びても全く問題ないですし、課題も特にない。この馬がどうとかではないですね。いい馬場でやれたら…と思います」。要するに当日まで雨雲レーダーを見逃すなっ! こういうことですね。

 

 そんなことを考えていたら、ミッキーアイルの音無調教師が「この馬は雨が降っても問題ないよ。去年の高松宮記念(0秒1差3着)では水の浮いた馬場で走っているし、ピッチ走法の馬だからね」と話してくれました。先生のドヤ顔、かなり決まってます☆

 

 ちなみに今回のミッキーアイルは浜中騎手が騎乗するんですよ。昨年末の香港スプリント(7着)以来のコンビ再結成!

 

 その感触は?

 

「馬は完成されてきましたが、いい意味で変わっていないというか、僕の知っているミッキーアイルだなと感じました。この馬のスピードを生かす形…先手を取って、自分のペースで行くのが最も合っていると思っています。逆に自分のリズムを守れないとモロい部分がある。とにかく気分良く走ってもらえるようにしたいですね」

 

 当日はどんな条件が当てはまるのかな? ちゃんと予想できるように、土曜のイベントではイレ込まないように気をつけよっと。

 

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。