【白山大賞典】ケイティブレイブが重賞2勝目! 武豊「前は捕まえられると思った」

2016年10月04日 17時12分

重賞2勝目を飾ったケイティブレイブ(左)

 金沢競馬場で4日に行われたJpnIII「白山大賞典」(ダート2100メートル)は、道中2番手を進んだ1番人気の武豊騎乗JRAケイティブレイブ(牡3・目野)が3番人気アムールブリエの追撃をしのいで2つ目の重賞タイトルを手にした。

 

 3着には大外を強襲した4番人気ストロングサウザーが入り、JRA勢が上位を独占。3連単は2280円の順当決着となった。勝ち時計は2分15秒1(良)。

 

 武豊騎手「逃げようと思っていたが、それほど癖のある馬でもないので2番手でもすぐ切り替えられた。手応えはずっと良かったので前は捕まえられると思った」