【マーキュリーC】内から伸びたストロングサウザーが快勝

2016年07月18日 16時50分

マーキュリーCを制したストロングサウザー(提供=岩手県競馬組合)

 18日、盛岡競馬場で行われたJpnⅢマーキュリーCは、直線で内から伸びたJRAストロングサウザー(牡5、久保田)が快勝。佐賀記念に続く重賞2勝目を飾った。勝ち時計は2分02秒4(良)。2着には9番人気のタイムズアローが粘り込み、3連単17万9810円の波乱決着。1番人気のケイアレオーネ、連覇を狙ったユーロビートはそれぞれ8、4着に沈んだ。

 

 1着ストロングサウザー・田辺騎手の話「直線で内に飛び込むかどうかは賭けの部分もありましたが、外に行くよりは自分の流れで行けるだろうと。最後は少し脚色が渋くなったものの盛り返してくれました」