福山・岡田騎手がSJT本戦へ

2012年09月22日 17時13分

 21日、高知競馬場でスーパージョッキーズトライアル(SJT)のワイルドカードが行われ、福山・岡田祥嗣(弓削和)が31ポイントを獲得し優勝。SJT本戦・第1ステージ(10月5日、大井競馬場)の参戦権を手に入れた。

 岡田はワイルドカード第1戦のブロンズサドル賞で7馬身差の圧勝を決めると、続く第2戦ブロンズホイップ賞でも4着と善戦。第1戦4着、第2戦2着で計26ポイントを獲得した地元高知・永森大智(雑賀正)に5ポイント差の完勝を収めた。ブロンズホイップ賞Vの金沢・藤田弘治(黒木豊)は猛追届かず3位(25ポイント)まで。

 昨年のシリーズ本戦覇者で、ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)でも2位と大活躍した金沢・吉原寛人(宗綱泰)は7位。ブロンズサドル賞で1番人気に推されるも5着敗退。総獲得ポイントは11で終了した。
 ワイルドカード優勝を決めた岡田は今後、大井競馬場で行われる第1ステージを経て(14人中、12位まで通過)、第2ステージ(佐賀競馬場=10月19日)を目指すことになる。そこでの最多ポイント獲得者が、11月24、25日にJRA東京競馬場で行われる第26回WSJSへの地方代表騎手1人に選出される。