【競馬JAPAN】ダート版ダービー、ユニコーンSはハイレベル間違いなし

2015年06月18日 08時01分

 

 春のGⅠシリーズが終わり、函館開催が始まると、夏競馬の雰囲気がますます色濃くなってくる。2週を残す東京競馬も、平地の重賞は3歳限定のダート重賞ユニコーンSだけということもあり、どこかノンビリムード。しかし今年のユニコーンSは、海外帰りのゴールデンバローズの出走もあり、かなりハイレベルな一戦になりそうなのだ。

 

「ダービーはドゥラメンテが優勝し、サトノクラウンが3着。安田記念はモーリスが優勝と、堀厩舎の活躍ばかりが目立っているけど、まだまだ終わりじゃない。ユニコーンSに出てくるゴールデンバローズもGⅠ級の大物だよ。芝の初戦は2着も、2戦目のダート戦では2着に2秒6の大差をつけての圧勝。ここから500万、ヒヤシンスSと2着に3馬身半差をつける楽勝で3連勝。その後はドバイに遠征し、UAEダービーでも3着でも海外の強豪相手に3着と好走している。
ユニコーンSは帰国初戦で状態が気になるが、前走から間隔が開いているので大丈夫。3戦3勝の東京マイルだし、今回も衝撃的な強さを期待したい」(関東専門誌記者)

 

 芝がドゥラメンテなら、ダートはゴールデンバローズ。春の東京開催は、最後まで堀厩舎に独占されるのか。

 

 ただ関係者の話を聞いていると、「ゴールデンバローズ1強では無い」という声も少なくない。ゴールデンバローズに待ったをかける馬など存在するのか。

 

「関係者の間で評判が高いのはノンコノユメだね。最初の頃は、ダート戦線の有力馬の一頭くらいの存在感だったが、大きくイメージを変えたのが前走の青竜S。いつものように後方からの差す競馬だったが、このレースは先行した4頭が全て上位に入った典型的な前残りのレース。それを4コーナー9番手からごぼう抜きの差し切り。上がり3F34秒7は、ダートでは脅威だよ。ゴールデンバローズでさえ、上がり最速は35秒9だからね。そのゴールデンバローズは、序盤モタモタするところがあるので、追い上げるのに時間がかかるタイプ。十分射程圏内に相手を置けるので、測ったように差し切れるのでは」(雑誌記者)

 


 他にも、前走好タイムで楽勝したダイワインパルス、白毛馬ブチコなどの出走予定もあり、ゴールデンバローズ対ノンコノユメという図式以外にも、話題性は盛りだくさん

 

 GⅠに慣れてしまったおかげで、3歳限定のダート重賞じゃ物足りないというファンも多いかと思う。しかしユニコーンSはクラスはGⅢでも、将来のダートGⅠ戦線に繋がる注目度大のレースと言っておきたい。

 

ゴールデンバ ローズ独走に待った!ユニコーンSの驚愕穴馬⇒

【競馬JAPAN】