【UMAJIN.net】「ジャパンカップ」上昇度抜群の馬を狙う!

2014年11月28日 20時00分

【潜入!UMAJIN.net編集部の裏側】

 

 デスク:おい、リン・チーリンちゃんが東京競馬場に来るってな!

 

 伊藤:なに興奮してるんスか。ジャパンカップ(30日)のプレゼンターとして、ロンジンからの賞を贈呈するらしいですね。よく知らないんですが、韓国の女優さんでしたっけ?

 

 デスク:台湾のスターで、アジアナンバーワン女優だよ。知らないのか!? ウイナーズサークルで、あのお姿を生で見られるんだよなあ。最前列で陣取ってたらサインとかしてもらえるかなあ、グフフ…。

 

 伊藤:(気持ち悪いオッサンだな…)はいはい。まずはマイルチャンピオンシップ(23日)を振り返りましょう。【馬キュンカード】で「調教中の放馬に外枠など、死角だらけ」と、関係者が危惧した1番人気ミッキーアイルは13着惨敗で、ズバリ予告通りの結果に。そして【馬クダンカード】では「2頭出しの藤原英厩舎勢ではフィエロが上」とジャッジするコメントと、「得意の京都でこの鞍上なら」とダノンシャークを推奨する関係者の話をお送りし、ほぼパーフェクトな情報をお届けできたかと。(※【馬キュンカード】=テレビ番組「馬キュン!」用に調達された馬券直結情報/※【馬クダンカード】=現場関係者直送の馬券直結情報) ちなみに【WINDEX】でもダノンシャークは総合4位評価で、馬券に必須という判断でした。(※【WINDEX】=究極のデータと究極の情報を融合させた独自指数)

 

 デスク:勝ったダノンシャークの情報はオレが推したんだぞ。ユーザーさんからの感謝のメッセージは多数届いているし、お役に立てたようで良かったよ。でもなあ…。

 

 伊藤:デスクは、こちらもいい情報が入っていたグランプリボスからの勝負でしたね。気配は抜群に見えましたが、大外を回すロスがたたってか6着まで。

 

 デスク:ダノンシャークからの勝負にしときゃなあ…。いよいよ使い込みがカミさんにバレる日が近くなってきた。伊藤、ジャパンカップこそはなんとかしてくれ!

 

 伊藤:(自分でなんとかしろよ…)凱旋門賞帰りの2頭は調教があまり良くなかったみたいですね。まあ、陣営はそれほど意に介していないようですが。海外招待馬は持ち時計などから考えて今年もノーチャンスと考えていいでしょう。対して、天皇賞組中心に国内組は順調そのもの。美浦ではイスラボニータの評価がうなぎ上がりです。

 

 デスク:なるほどな。俺のほうにはその国内組で、関西馬のいい話が入ってきてるぞ。前走はいかにも叩き台で、上昇度はピカ一だとか。

 

 伊藤:あ、いいですねえ。それ「馬キュン!」用にいただきです!

 

 デスク:おいおい! やめてくれよ~。

 

 伊藤:情報は我々の共有財産で、最終的には視聴者やユーザーのものですよ(キッパリ)。

 

 デスク:俺だけで独占したかったのに、クソッ。【WINDEX】の解析はどうなんだ?