【JBCスプリント】地元・大井のサブノジュニア差し切りV 菜七子コパノキッキングは6着

2020年11月03日 18時03分

JBCスプリントを制したサブノジュニア

 大井競馬場で3日に行われた交流GI・JBCスプリント(ダート1200メートル)は、直線鋭く伸びた地元・大井の生え抜きサブノジュニア(牡6・堀千亜)が差し切ってダート短距離王に輝いた。勝ち時計1分10秒7(稍重)。藤田菜七子騎乗で注目を集めたコパノキッキングは大外を回すロスが響いて6着がいっぱいだった。

 両腕を大きく突き上げて装鞍所に引き揚げてきた矢野貴は「馬群が開いたらと思っていたが、あそこまで突き抜けるとは。充実期を迎えて精神的な強さが目立っていますね」とパートナーの大金星に目を丸くしていた。

 2着=マテラスカイ・武豊騎手「もう少しゆっくり行きたかったが、ちょっと外からプレッシャーがあった。力のあるところは見せてくれた」

 3着=ブルドッグボス・御神本騎手「あれだけの出遅れではどうにもならない。勝てたレース」

 4着=モズスーパーフレア4着・松若騎手「雰囲気がすごく良くてナイターでもいつも通りだったが、トモを滑らせてしまったのが痛かった」

 5着=キャンドルグラス・Мデムーロ騎手「3~4角でハミを取ってくれたが行くところがなかった。手前を替えてくれなくて最後伸びなかった」

 6着=コパノキッキング・藤田菜騎手「砂をかぶって嫌がるそぶりを見せて追走に手間取ってしまいました。直線の手応えも前回ほどではありませんでした。正直、分からないです」

 8着=ジャスティン・戸崎圭騎手「外枠というより、もまれる競馬が板についていないのが課題。力はあるので、そこを覚えてくれれば」