【オーバルスプリント】JRAサクセスエナジーが重賞4勝目

2020年09月22日 17時35分

重賞4勝目を飾ったサクセスエナジー

 22日に浦和競馬場で行われたJpnⅢテレ玉杯オーバルスプリント(ダート1400メートル)は、3番人気のJRAサクセスエナジー(牡6・北出)が4角先頭から押し切って重賞4勝目を飾った。2着には川崎のベストマッチョが入り、3連覇を狙った地元・浦和のノブワイルドは1番人気3着に敗れた。勝ち時計は1分26秒7(良)。

 横綱相撲のVに松山は「強かった。58キロだったが、重い斤量で勝っているのでこなしてくれると思った。外枠だったのでスタートはしっかり出てくれたし、砂をかぶらずいい形で進められた。とにかくもまれない競馬をしようと思っていたし、すごく手応えが良かったのでこれならいけると思った」と振り返った。
 
 2着ベストマッチョ=森泰斗騎手「(ハナに)行くつもりはなかったから下げたが、勝ち馬がやけに強かった。状態がいいので1200メートルがいいかも」

 3着ノブワイルド=左海誠騎手「いつもより行きっぷりが悪かったが、1回下がって盛り返しているから力はある。ちょっと残念」

 4着サヴィ=川田騎手「前半からとても速かったが、よく頑張ってくれました」

 5着トップウイナー=和田竜騎手「いやいやしながらも以前より前進していた。デキが良かったから外枠がほしかった」