【マーキュリーカップ】JRAマスターフェンサーが差し切りで重賞初V

2020年07月21日 18時40分

 盛岡競馬場で21日に行われた交流GⅢマーキュリーカップ(ダート2000メートル)は、1番人気のJRAマスターフェンサー(牡4・角田)が、早めに抜け出した3番人気のJRAデルマルーヴルを直線で差し切って、国内3度目の重賞挑戦で初のタイトルを手に入れた。

 3着には地元・岩手の6番人気ランガディアが奮闘した。勝ち時計は2分03秒0(良)。