<帝王賞>ゴルトブリッツが圧勝

2012年06月28日 14時00分

 27日に大井競馬場で行われた上半期のダート王決定戦・帝王賞は、2番人気ゴルトブリッツ(牡5・吉田直)が直線抜け出して圧勝。一昨年の東京大賞典(7着)に次ぐ2度目の挑戦でJpnⅠタイトルを手に入れた。

 道中は1番人気エスポワールシチーを見る形で絶好の3番手。4角で早々に射程に入れて直線半ばで抜け出し、激しい2着争いを尻目に一気に突き放した。「ペースが遅くて力んだが、我慢してリズム良く走ってくれた。エスポワールがしぶとそうだったから早めに競り落とした」と川田。

 まだ5歳、今後のダート中距離路線をけん引する存在になりそうだ。