【帝王賞】クリソベリルが能力発揮

2020年06月23日 12時00分

【帝王賞(水曜=24日、交流GI=大井ダート2000メートル)大阪スポーツ本紙・松浪大樹の狙い】能力最上位と認識している◎クリソベリルの鍵は海外遠征後の体調面。サウジカップ出走時の状態について陣営は「輸送で大幅に馬体を減らし、最終追いの予定日をスライドせざるを得なかった」とコメント。つまりは体重の増加とそれを裏付ける負荷のかかった調教の中身こそが重要になってくる。サンライズノヴァと併せた20日の追い切りは栗東坂路52・1秒とまずまずの数字。これなら能力を発揮できると判断したい。ライバルは大井2000メートルで無類の強さを見せる○オメガパフューム。

◎クリソベリル
○オメガパフューム
▲チュウワウィザード
△ルヴァンスレーヴ
△ケイティブレイブ

【馬単】(8)=(11) (8)=(6) (11)=(6) (8)→(2) (8)→(14)