トウカイテイオー デビュー前から「ダービー馬がおるで」と評判

2013年08月31日 16時00分

 1990年代初頭のJRAを彩ったスターホース・トウカイテイオー(牡)が30日午後、急性心不全のためけい養先の北海道安平町・社台スタリオンステーションで死んだ。25歳だった。同馬は91年に皐月賞、日本ダービーの2冠を制し、92年のジャパンカップで優勝。93年の有馬記念では1年の休養明けのハンデをはね返し奇跡の勝利を収めた(JRA通算12戦9勝=95年顕彰馬選出)。引退後は種牡馬となり、02年のGⅠマイルチャンピオンシップを勝ったトウカイポイントを出している。



 史上最強馬といわれたシンボリルドルフが引退したのが1986年。以後競馬サークルの注目はどんな2世が送り込まれるかに集まった。大きな期待を背負った初年度産駒…その中からスターダムにのし上がったのがトウカイテイオーだった。


 柔軟な馬体から繰り出される大きなフットワーク、きれいな流星の入ったハンサムなルックスも相まって、栗東トレセンではデビュー前から「ダービー馬がおるで」と評判になった。12月の中京の新馬を圧勝、メンバーの揃った次戦のオープン・シクラメンSもワンサイドV。この時点で実質同期トップの評価が固まった。以後はオープンを2戦。クラシック本番まで重賞を走ることはなかったが、3冠初戦の皐月賞では絶対的な支持を受け、完勝した。


 当時レース部はダービーに向けた企画を組み、安田隆行騎手(現調教師)にインタビューを申し込んだ。安田騎手はローカルを主戦場に多くの勝利を挙げていたものの、クラシックの主役の手綱を取る立場になったことはなかった。しかも、ダービーともなると受けるプレッシャーが違う。半分断られるのを覚悟したオファーだったが、あっさりOKをもらい東京競馬場の芝コースに腰を下ろして話を聞くことができた。