ミシェル 左鎖骨骨折の菜七子に「早く回復することを心から祈っています」

2020年02月16日 17時34分

トレーニングを公開したミカエル・ミシェル

 フランスから南関東競馬の短期免許を取得し、来日中のミカエル・ミシェル騎手(24)が16日、東京・六本木のトレーニングジム「トータル・ワークアウト」でトレーニングを行った。

 先週に続き2度目となった今回は、より良い騎乗姿勢、さらにバランス感覚の強化を重視したプログラムで、約1時間にわたるメニューをこなした。

 トレーニング後、ミシェルは「前回のトレーニングを踏まえたうえで、先生が私により必要なことを理解してくれていたので、今日は効果的なトレーニングになった」と充実の表情を見せた。

 また、前日(15日)の小倉競馬5Rで落馬により、左鎖骨を骨折した藤田菜七子騎手については「菜七子のけがはショックでしたし、サウジの招待レース(28日)で会うことができず、とても悲しいです。菜七子と連絡できる手段があれば、すぐにでもお見舞いの言葉を伝えたい。早く回復することを心から祈っています」と神妙な面持ちで語った。