ミカエル・ミシェル騎手 日本のネイルサロンに大満足「細部まで丁寧」

2020年02月09日 15時01分

ネイルサロンを訪れたミカエル・ミシェル騎手(撮影協力・trois~トロワ~ 表参道店)

 フランスから南関東の短期免許を取得し、参戦中のミカエル・ミシェル騎手(24=フランス)が8日、東京・表参道のネイルサロンを訪れた。

 先月24日の参戦会見時と同様に赤がベースで右手薬指にフランス、左手薬指は日本の国旗のデザインを施してもらい「日本のネイルサロンは、細部まで丁寧に塗ってくれて、色の乗りもよく、とてもきれいです」と満足そうだった。

 今週からは船橋競馬場で、南関東では初となるナイター開催に騎乗。12日に行われるSIII報知グランプリCでは、実績馬オールブラッシュで初重賞制覇に挑むほか、14日には川崎競馬で初勝利を挙げたベルロビンなど有力馬が多くスタンバイ。「ベルロビンの前走はとても強かったし、今回も勝ってくれると思う。重賞でもいい馬に乗せてもらえるので、たくさん勝てるように頑張りたい」

 ネイルサロンの後は、ワインとパスタを楽しむなど、つかの間の休日を楽しんだミシェル。今週はレースでもたくさんの笑顔を見せてくれそうだ。