【高知競馬・LVR2020】“美人すぎる騎手”ミシェル効果で2倍以上のファン集結

2020年02月05日 21時30分

ファンに表彰式でもらった花束を渡すミシェル

 地方競馬所属の女性騎手による対抗戦「レディスヴィクトリーラウンド(LVR)2020」の1stラウンド(2戦)が4日、高知競馬場で行われ、“美人すぎる”フランス人ジョッキー、ミカエル・ミシェル(24)が参戦した。

 この日の高知競馬場はミシェルを一目見ようとファンが詰めかけ、開門から1時間でメイン駐車場が満車になり、通常の平日の2倍以上となる860人が入場した。

 紹介式でミシェルは「私が生まれたマルセイユも海が近かった。とてもきれいで、いいコースです」。対戦した宮下瞳騎手は「ミシェルのおかげで、たくさんの人が来てくれて盛り上がった。レース中に後ろからミシェルのフォームを見て、きれいだなと思った」とライバルを絶賛した。