東京盃で重賞制覇の快挙・藤田菜七子「JBCもチャンスを生かせれば」

2019年10月03日 11時30分

JRA女性騎手初の重賞制覇を達成した藤田菜七子

 2日、大井競馬場で行われた交流GII(JpnII)東京盃(ダ1200メートル)でコパノキッキング(セン4・村山)に騎乗、JRA女性騎手初となる重賞制覇の快挙を成し遂げた藤田菜七子(22)は、一夜明けた3日朝、改めて喜びを口にした。

「たくさんの人から“おめでとう”と声をかけられたり、メッセージもいただいて、改めてレースを勝ったんだなと実感しました。チャンスをくれたオーナーや先生に感謝したい。まだ正式にではないですが、勝ったからこそJBC(スプリント)の話もいただいたのでチャンスを生かせれば」