【白山大賞典】グリムが連覇達成!浜中「本当にパワーアップしている」

2019年10月01日 17時40分

グリム

 金沢競馬場で1日、交流GIII「白山大賞典」(ダート2100メートル)が行われ、昨年覇者のJRAグリム(牡4、野中)が1番人気に見事に応えて連覇を達成した。交流GIジャパンダートダービー→GIIIレパードSと連続2着だったデルマルーヴル(牡3、戸田)は、ここもクビ差の2着に惜敗した。勝ち時計2分15秒9(良)。

 最大の敵は斤量差。3歳世代トップレベルのデルマルーヴル52キロに対し、連覇を狙うグリムは56キロ。

 騎乗した浜中も「後ろからデルマルーヴルが来るのはわかっていたが、直線の短いコースですし、思い切って前を捕まえに行きました。4キロの斤量差だけ心配していたが、本当にパワーアップしているし、よく勝ち切ってくれました。これからもっと大きなところで活躍してほしいです」と、さらなる飛躍に期待を寄せた。