【さきたま杯】4番人気JRAウインムートが逃げ切りで重賞2勝目

2019年05月29日 17時44分

さきたま杯を制し、重賞2勝目を飾ったウインムート

 29日に浦和競馬場で行われた交流GII「さきたま杯」(ダート1400メートル)は、4番人気ウインムート(牡6・加用)が逃げ切り、2018年の交流GIII「兵庫ゴールドトロフィー」に次ぐ重賞2勝目を挙げた。連覇を狙った1番人気サクセスエナジーが2着に入り、JRA勢のワンツーフィニッシュとなった。勝ち時計は1分25秒3(良)。

 スタートでつまずくアクシデントを克服した和田は「行ききろうと思っていたし、いい形。遊ぶところはあるが、型にはまったら強い。JBCでも勝てるよう頑張りたい」とコメント。早くも同舞台で行われるJBCスプリント(11月4日)での交流GI制覇へ意欲を見せた。

★2着サクセスエナジー=池添騎手「3歩目でつまずいた。4角の手応えからかわせると思ったが、離された」

★3着キタサンミカヅキ(船橋、2番人気)=森泰斗騎手「馬場が軽かった。時計のかかる馬場が合う。結果的に逃げても良かったかな」

★4着サンライズノヴァ(JRA、3番人気)=戸崎圭騎手「ゲートを出てくれたが、スピード負けしている。広いコースがいい」

★5着モーニン(JRA、5番人気)=藤井勘騎手「積極的に乗れたが、集中力かな。3角ぐらいでフワッとして、直線で盛り返している」